大阪の老舗葬儀社 創業130余年 大阪の葬儀や家族葬のことなら、川上葬祭まで。
大阪市の生野区・天王寺区・北区・都島区・東成区での葬儀や、大阪公営斎場である北斎場や瓜破斎場、やすらぎ天空館での葬儀や家族葬。

経済産業大臣認可 第1784号 全日本葬祭業協同組合連合会 大阪市規格葬儀取扱指定店

弔慰金支給制度

弔慰金支給制度規約

第1条(目的)

本弔慰金支給制度(以下「本制度」という)は、式会社川上葬祭(以下「川上葬祭」という)が行う本制度の趣旨に賛同し登録した本人(以下「登録者」という)等が死亡または喪主あるいは施主となり、川上葬祭に弔慰金の申請をしたときに、相互扶助の精神に基づき弔慰金を給付することにより、登録者の精神的・経済的負担を軽減することを目的とします。

第2条(登録者の資格)
  1. 本制度の趣旨に賛同し、「株式会社川上葬祭」弔慰金支給制度規約を承認し、所定の手続を完了し、川上葬祭が登録を認めた方とします。
  2. 登録できる年齢は、原則として満20歳以上から85歳までの方とします。
  3. 申込書に記入した内容に虚偽の記載があった時は、登録を認めないことがあります。
  4. 登録者は大阪市内在住の方に限ります。
第3条(登録手続)
  1. 登録申込みは、川上葬祭発行の所定の登録申込みハガキに必要事項をご記入いただき、川上葬祭に返信もしく直接持参いただきます。
  2. 川上葬祭は、登録申込書に基づき所定の登録を行い、弔慰金支給制度資格者として「弔慰金支給申請書」を交付いたします。
  3. 第7条の葬儀施行に伴う弔慰金の支給対象となる方は、本制度申込時に登録した本人もしくは登録した本人が喪主または施主となるときに限ります。
  4. 登録者の地位及び権利は、譲渡することができません。
第4条(本制度の期限)

本制度の資格は、終身(生涯資格)とします。

第5条(告知義務違反による資格の喪失)

本制度申込みの際、申込者または登録者が故意または重大な過失により本制度申込書に告知しなかったまたは事実でないことを記載した場合は弔慰金支給の資格を喪失されます。

第6条(登録費用について)

本制度は、無料登録となります。

第7条(葬儀施行に伴う弔慰金の給付)
  1. 登録者が川上葬祭で葬儀を行い、その際に所定の弔慰金支給申請書を川上葬祭の葬儀施行担当者に提出したときは、弔慰金として規定の金員を登録者のご遺族もしくは登録者本人に給付します。
  2. 複数の登録者から同一の葬儀に対して葬儀施行の申込みがあったときは、一人の登録者のみの権利行使が認められ、一つの葬儀に対して一回の弔慰金が支給されます。
  3. 弔慰金支給に該当する葬儀プランは、川上葬祭の提供する家族葬プランおよび伝統葬に限ります。
  4. 弔慰金の支給金額は、以下の通りです。
    「直葬10」および「直葬20」は10,000円
    「家族葬30」および「家族葬50」は30,000円
    「家族葬70」および「雅100」は50,000円
    伝統葬は川上葬祭規定の葬儀基本料金の10%。ただし四等以上は一律10万円となります。
第8条(葬儀の施行及び弔慰金給付の適用範囲)

弔慰金給付の適用範囲は、登録者本人とします。ただし、登録者が喪主または施主(葬儀費用を負担する者)になる場合は適用範囲内となります。

第9条(葬儀施行の申込み及び弔慰金受給手続)
  1. 登録者が死亡し、川上葬祭に葬儀の施行を申し込むときは、必ず登録番号を提示するものとします。
  2. 弔慰金の給付を請求するときは、登録者または遺族等は川上葬祭にすみやかに弔慰金支給申請書を提出するものとします。
第10条(変更事項の届け出)
  1. 登録者は、申込書に記載した事項に変更が生じたときは、速やかに川上葬祭に変更事項を届け出るものとします。
  2. 前項の変更届けがなかった場合は、葬儀の施行及び弔慰金の支給が受けられないことがあります。
第11条(転居等)
  1. 登録者が大阪市外へ転居した場合、川上葬祭が葬儀の施行が区域上できない場所(堺市・豊中市・箕面市・八尾市・東大阪市を除く)で葬儀を行うことになることから、弔慰金の支給はできません。ただし、大阪市内やその他一部の地域で川上葬祭が葬儀を行う場合は、弔慰金を受給することができます。
第12条(弔慰金支給申請書の再交付等)
  1. 登録者は申請書を盗難、紛失あるいは毀損した場合は、再交付を受けることができます。その際、登録番号はかわりません。
  2. 再交付後の旧申請書は無効となります。
第13条(弔慰金の受給がうけられないとき)
  1. 本制度申込みの際、申込者または登録者が故意または重大な過失により申込書に事実を告知しなかったまたは虚偽の記載があったとき。
  2. 登録者であることが確認できないとき。
  3. 天変地異等特殊な事情により、川上葬祭が葬儀の施行ができない状況があったとき。
第14条(申込みの取り消し)

本制度を申込みされた方は、いつでも申込みを撤回することができます。ただし、速やかに撤回する旨を川上葬祭に報告下さい。

第15条(協議解決)

本規約に定めのない事項及び疑義が生じたときは、登録者および川上葬祭の両者が川上葬祭本社にて誠実に協議するものとします。

第16条(問い合わせ・相談窓口)

この制度についての問合せ・疑義が生じたときは、そのつど登録者および川上葬祭が川上葬祭本社にて誠実に協議解決するものとします。

 

川上葬祭
本社:大阪市生野区桃谷1−10−10

電話:06―6717―3342

ご相談・お問い合わせはフリーコール0120-420-441 お問い合わせフォーム

川上葬祭で対応可能な宗教|天台宗、和宗、真言宗、真言宗智山派、真言宗豊山派、その他真言宗各派、浄土宗、西山浄土宗、その他浄土宗各派、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派、真宗高田派、真宗興正派、その他真宗各派、時宗、融通念仏宗、臨済宗、その他臨済宗各派、曹洞宗、黄檗宗、日蓮宗、法華宗各派、顯本法華宗、日蓮正宗、本門佛立宗、その他の日蓮宗各派、創価学会、立正佼成会、霊友会、妙道会、神社本庁、神道修成派、出雲大社教、扶桑教、その他の神道系、天理教、世界救世教、黒住教、円応教、金光教、PL教団、生長の家、幸福の科学、キリスト教カトリック、プロテスタント、その他のキリスト系、在日朝鮮、韓国式のご葬儀(儒教式)、曹渓宗