大阪の老舗葬儀社 創業130余年 大阪の葬儀や家族葬のことなら、川上葬祭まで。
大阪市の生野区・天王寺区・北区・都島区・東成区での葬儀や、大阪公営斎場である北斎場や瓜破斎場、やすらぎ天空館での葬儀や家族葬。

経済産業大臣認可 第1784号 全日本葬祭業協同組合連合会 大阪市規格葬儀取扱指定店

葬儀の現場から

第109話「おっかぁ」

大好きだったお母様の死…。
男性お二人のご兄弟よりご依頼がございました。

ご自宅で亡くなられ、悲しみに暮れるご兄弟…。
お母様が亡くなられた直後、故人様にドライアイスを当て、枕飾りを設置しお飾りの説明を
致しましたが、ご兄弟にはあまり耳に入らないご様子でした。
ご葬儀の打ち合わせが終わり、その日はご自宅でゆっくりとお別れをしていただきました。

翌日ご自宅にご納棺に伺いますと、
枕元にはお母様が大好きだったというバナナとおにぎりがお供えされておりました。

「このバナナとおにぎりは棺の中に入れても良いですか?」

「もちろんです。入れて差し上げて下さい」

こうして始まった納棺の儀。
お着替えが終わりご親族にお手添えをいただきながら旅支度。

「こんなに冷たくなって!」と二男様が涙ぐみながら丁寧に紐を結ばれておりました。
お母様に直接触れることのできる時間は残りわずかです。

お葬式は通夜と葬儀式に分かれているのにも様々な理由があるのだと思います。
私が一番に思う理由は、やはり故人様の死を受け止めるのに時間が掛かるからだと思います。
「死を受け止める時間」は人それぞれです。

故人様との想い出を思い浮かべる―。
故人様にしてあげたかったことが出来ないという無念…。
あの世で幸せになって欲しいという願い…。
触れても声を掛けても反応をしない現実を目の当たりにして少しずつ死を実感されていくの
です。

様々な思いや目の前にある現実の積み重ねで
徐々に故人様の死を受け止めていくのがお葬式だと思うのです。
通夜―。
たくさんのご親戚に囲まれて見守られるお母様。
二男様は周りのご親戚に気丈に振る舞いながらも時折涙を流されておられました。
しかしその涙は最初にお会いした時の涙とは違い、
お母様に何か出来ることがないかという気持ちが表れておりました。
「おっかぁに手紙を書いてあげて」と言いながら
ご親戚の皆様に用紙を渡されておりました。

葬儀当日のお別れも終わり火葬場へとお柩が向います。
火葬炉前に到着し、炉の扉が閉じようとしたその瞬間、

「おっかぁ!」

と二男様の涙にむせた声が火葬炉前ホールに響き渡りました。

それがお母様に贈る最後の言葉でした。
火葬炉前ホールに響く心の底から出たその言葉からは
母の死を受け止めて力強く生きていくという思いを感じました。

「ありがとう!寂しいけど頑張るよ!お疲れ様!」
きっと、こんな言葉が続いていたのではないでしょうか。

その声はお母様にも届き、きっとこれからもご兄弟を見守ってくださるように思います。

「死を受け止める時間」は人それぞれと言いましたが、ご兄弟がお母様の死を受け止める
にはきっとたくさんの日数がかかるのではないでしょうか。
いつもそばにいるのが当たり前だったお母様が、突然いなくなるのです。
たくさんの想い出を浮かべながら、少しずつ受け止めていかれるのではないでしょうか。

ご遺族とともに過ごした数日間の中で、もしかするとこの葬儀の場は「お別れの場」では
なく、故人様とご子息が「親子」としてじっくり「向き合える場」になったのかもしれな
いとふと思い、そんなかけがえのない大切な場を提供するものとしての責任感を改めて強
く感じる葬儀でした。

川上葬祭で対応可能な宗教|天台宗、和宗、真言宗、真言宗智山派、真言宗豊山派、その他真言宗各派、浄土宗、西山浄土宗、その他浄土宗各派、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派、真宗高田派、真宗興正派、その他真宗各派、時宗、融通念仏宗、臨済宗、その他臨済宗各派、曹洞宗、黄檗宗、日蓮宗、法華宗各派、顯本法華宗、日蓮正宗、本門佛立宗、その他の日蓮宗各派、創価学会、立正佼成会、霊友会、妙道会、神社本庁、神道修成派、出雲大社教、扶桑教、その他の神道系、天理教、世界救世教、黒住教、円応教、金光教、PL教団、生長の家、幸福の科学、キリスト教カトリック、プロテスタント、その他のキリスト系、在日朝鮮、韓国式のご葬儀(儒教式)、曹渓宗