大阪の老舗葬儀社 創業130余年 大阪の葬儀や家族葬のことなら、川上葬祭まで。
大阪市の生野区・天王寺区・北区・都島区・東成区での葬儀や、大阪公営斎場である北斎場や瓜破斎場、やすらぎ天空館での葬儀や家族葬。

経済産業大臣認可 第1784号 全日本葬祭業協同組合連合会 大阪市規格葬儀取扱指定店

葬儀の現場から

第22話「身寄りのない隣人の悩み」

「おばあちゃんに後のことは頼まれてんねん。どうしょうか」と男性が来られました。
隣人である女性は子供や孫など身寄りが一人もいないため、信用しているこの男性に「私がもし死んだら、葬儀のこと遺品のことなど全部頼むわ」と一任したらしいのです。
困っている女性のために「よっしゃ、わかった」と引き受けたものの、後になって困ってしましました。なぜなら、血が繋がっている親族でも口約束だけではトラブルになっている噂を聞くからです。
「安請け合いは禁物」です。
受けてしまうとどんなことが起きるか・・・。

  • 後で、親戚がいることが発覚した
  • 亡くなる前に痴呆が始まり、本人が約束と違う内容を言い出した
  • 近所から悪い噂をされた

などなど、少し考えただけでもたくさん出てきます。
こういう場合、トラブルを回避するようために法律家に相談するべきかと思います。
どれだけ少ない遺産でも、どのように使うかを決めておき、相続人に代行して使用してもらいます。
少子化で、高齢者の一人住まいが増えております。仲の良い隣人の頼みならと、ひとつ返事で聞いてしまいがちですが、あとで残された自分は大変な目に合うかもしれません。それでは、亡くなった方もうかばれないと思いますので要注意です。
最近では、任意後見人制度というものがでてきました。
 簡単にいえば、元気な間に自分の将来のことを決めておき、自分で判断ができなくなった時に、その希望を実現してもらう人を決めておくことができるという制度です。まだまだ細かな点で問題を抱えていますが、今後は、かならず必要になってくる制度だと思います。

川上葬祭で対応可能な宗教|天台宗、和宗、真言宗、真言宗智山派、真言宗豊山派、その他真言宗各派、浄土宗、西山浄土宗、その他浄土宗各派、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派、真宗高田派、真宗興正派、その他真宗各派、時宗、融通念仏宗、臨済宗、その他臨済宗各派、曹洞宗、黄檗宗、日蓮宗、法華宗各派、顯本法華宗、日蓮正宗、本門佛立宗、その他の日蓮宗各派、創価学会、立正佼成会、霊友会、妙道会、神社本庁、神道修成派、出雲大社教、扶桑教、その他の神道系、天理教、世界救世教、黒住教、円応教、金光教、PL教団、生長の家、幸福の科学、キリスト教カトリック、プロテスタント、その他のキリスト系、在日朝鮮、韓国式のご葬儀(儒教式)、曹渓宗