大阪の老舗葬儀社 創業130余年 大阪の葬儀や家族葬のことなら、川上葬祭まで。
大阪市の生野区・天王寺区・北区・都島区・東成区での葬儀や、大阪公営斎場である北斎場や瓜破斎場、やすらぎ天空館での葬儀や家族葬。

経済産業大臣認可 第1784号 全日本葬祭業協同組合連合会 大阪市規格葬儀取扱指定店

葬儀の現場から

第23話「物理的な死 精神的な死」

ある日のご当家。
喪主様は医師である男性で、ご自宅からの式場へのご遺体のご移動時に、「母の好きだった庭を通りたい」と希望されました。
天気の良い午後でしたので、お庭のバラや木々たちの中で、ご遺体を載せているストレッチャーを少しの間、停止させました。
そのときです。
喪主様が「ほら、お母さん。バラが見えるでしょう」と故人様に声を掛け、ぐっと故人様の閉じた瞼を指で開いたのです。
あまり、経験のないことでびっくりしてしまいました。でも、気持ちはわかります。
「死んだなんて信じられない」と葬儀後も多くのご遺族がおっしゃられるし、お骨になっていない今の段階では特にそうだと思うからです。
普段、他人の死を多く見つめ、死を判定する役をしている医師でさえも、自分の身内の死となると、物理的には判れても精神的には納得できないものなのかもしれません。

川上葬祭で対応可能な宗教|天台宗、和宗、真言宗、真言宗智山派、真言宗豊山派、その他真言宗各派、浄土宗、西山浄土宗、その他浄土宗各派、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派、真宗高田派、真宗興正派、その他真宗各派、時宗、融通念仏宗、臨済宗、その他臨済宗各派、曹洞宗、黄檗宗、日蓮宗、法華宗各派、顯本法華宗、日蓮正宗、本門佛立宗、その他の日蓮宗各派、創価学会、立正佼成会、霊友会、妙道会、神社本庁、神道修成派、出雲大社教、扶桑教、その他の神道系、天理教、世界救世教、黒住教、円応教、金光教、PL教団、生長の家、幸福の科学、キリスト教カトリック、プロテスタント、その他のキリスト系、在日朝鮮、韓国式のご葬儀(儒教式)、曹渓宗