大阪の老舗葬儀社 創業130余年 大阪の葬儀や家族葬のことなら、川上葬祭まで。
大阪市の生野区・天王寺区・北区・都島区・東成区での葬儀や、大阪公営斎場である北斎場や瓜破斎場、やすらぎ天空館での葬儀や家族葬。

経済産業大臣認可 第1784号 全日本葬祭業協同組合連合会 大阪市規格葬儀取扱指定店

葬儀の現場から

第26話「病院側の態度に疑問」

ある日、遺族様から電話があり寝台車で病院まで故人様をお迎えに走りました。
到着して地下の駐車場に直接繋がる霊安室を通りがかると、真っ暗で誰もおられない様子。
受付に行くと、「ICUに行って下さい」とのこと。
ICUに行くと、「どうぞ」とつっけんどんにドアの前で案内する看護師が立っていました。
入ってびっくり、ベットがたくさんあり、ずらりと人が寝ているのです。「どうぞ」と言われてもどの方かもわかりません。それに、生死の境をさまよう方の横を、どこの誰ともわからない葬儀社スタッフを通らせて大丈夫なのでしょうか?どんな細菌を外でもらってきているかわからないわけですから。それに、各ベットに看病のため各家族が付き添われているかもしれないのです。いないとしても、患者さんはおられる。こんな、まる見えの状態ではその方たちにも精神的に大きなダメージを負わせるかもしれません。「えっ?何か変。この病院」と感じ、わたしが動かずにいると、やっと各ベットの周りにあるカーテンを引いて目隠しをしてくれました。ご遺体をストレッチャーに安置している間にも「はやくしてくれますか?」と言ってきた看護士の態度に遺族様も怒り心頭。式場までの寝台車の中で「亡くなったとたんに看護士がものの数分で、ある葬儀社を手配しようとしたよ。何を考えてるのかとびっくりした。事前にあなたのとこを探しておいて良かった」とおっしゃっていました。噂ではなく、本当の事実。病院の品格が現れる最後のお見送りの仕方ですが、今回はとても残念に思いました。

川上葬祭で対応可能な宗教|天台宗、和宗、真言宗、真言宗智山派、真言宗豊山派、その他真言宗各派、浄土宗、西山浄土宗、その他浄土宗各派、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派、真宗高田派、真宗興正派、その他真宗各派、時宗、融通念仏宗、臨済宗、その他臨済宗各派、曹洞宗、黄檗宗、日蓮宗、法華宗各派、顯本法華宗、日蓮正宗、本門佛立宗、その他の日蓮宗各派、創価学会、立正佼成会、霊友会、妙道会、神社本庁、神道修成派、出雲大社教、扶桑教、その他の神道系、天理教、世界救世教、黒住教、円応教、金光教、PL教団、生長の家、幸福の科学、キリスト教カトリック、プロテスタント、その他のキリスト系、在日朝鮮、韓国式のご葬儀(儒教式)、曹渓宗