大阪の老舗葬儀社 創業130余年 大阪の葬儀や家族葬のことなら、川上葬祭まで。
大阪市の生野区・天王寺区・北区・都島区・東成区での葬儀や、大阪公営斎場である北斎場や瓜破斎場、やすらぎ天空館での葬儀や家族葬。

経済産業大臣認可 第1784号 全日本葬祭業協同組合連合会 大阪市規格葬儀取扱指定店

葬儀の現場から

第3話「やるせない悲しみ」

 ここ最近、10代の方のご葬儀が何件かございました。

 

 すべてが、自ら命を絶たれた方。
 もちろん、ご両親の気の落としようは尋常ではありません。
 それでも、私たちはご葬儀の話を進めてゆかねばならず、半ば放心状態のご両親は、ただただ機械のように決めてゆかれるだけです。
 考えることすらできないご家族に、お葬式のスケジュールに始まり、供花のことや焼香順位・精進落しの数量など、ただでさえ大変なのに、こういったケースでは、ほんとうにお気の毒に感じます。
 自身も事故で愛娘を亡くしたことがあり、こういったお気持ちは痛いほどよくわかります。

 

 ひとつ気になったご葬儀がございます。

 

 お母様がお棺に眠る子供様に向かって「○○ちゃん。ごめんね。気づいてあげられなくて。助けてあげれなくて」と号泣しておられたのです。
 このお言葉を聞いたとき、本当にやるせない思いがしました。
 ご両親は悪くない。一所懸命に育ててこられたご両親が、自殺という苦しみをうけさせられたというのに・・・。
 誰が悪いわけもなく、懺悔することはおかしいと感じました。
 ただ思うことは、人間生きている中で、辛いことや苦しいことはたくさんあります。

 

 背負っているものは人それぞれだから、大きさはどうこう言いません。
 ですが、成人にもなっていない方に、声を大にして言いたいです。
 結論を出すには早すぎる!!
 人間だけに与えられた言葉を使って会話をすることができるはず。
 両親に親友に彼氏に彼女に先生に、もし打ち明けていたら悩みは解決できたかもしれない。

 

 特にご両親は、何があってもあなたの味方、きっと力になってくれたはず。
 だからこそ、決断を下すのはそれからでも遅くないはず。
 いろんなお考えがあるので、これ以上はいえませんが、死はすべて悲しいものだけど、苦しい葬儀は、自ら命を絶たれた方のご葬儀です。

川上葬祭で対応可能な宗教|天台宗、和宗、真言宗、真言宗智山派、真言宗豊山派、その他真言宗各派、浄土宗、西山浄土宗、その他浄土宗各派、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派、真宗高田派、真宗興正派、その他真宗各派、時宗、融通念仏宗、臨済宗、その他臨済宗各派、曹洞宗、黄檗宗、日蓮宗、法華宗各派、顯本法華宗、日蓮正宗、本門佛立宗、その他の日蓮宗各派、創価学会、立正佼成会、霊友会、妙道会、神社本庁、神道修成派、出雲大社教、扶桑教、その他の神道系、天理教、世界救世教、黒住教、円応教、金光教、PL教団、生長の家、幸福の科学、キリスト教カトリック、プロテスタント、その他のキリスト系、在日朝鮮、韓国式のご葬儀(儒教式)、曹渓宗