大阪の老舗葬儀社 創業130余年 大阪の葬儀や家族葬のことなら、川上葬祭まで。
大阪市の生野区・天王寺区・北区・都島区・東成区での葬儀や、大阪公営斎場である北斎場や瓜破斎場、やすらぎ天空館での葬儀や家族葬。

経済産業大臣認可 第1784号 全日本葬祭業協同組合連合会 大阪市規格葬儀取扱指定店

葬儀の現場から

第35話「韓国式のお葬式」

本社のある生野区は、日本の中でも在日の方が多い土地です。


葬儀の時には、本土の儒教にならってお供え物や作法が決まっています。


土地土地によってかわるので、ひとつひとつ違って、担当する際にも毎回新しいことがあり、とても興味深いのです。


葬儀は喪主ではなく、親族の長老がリーダーです。


遺族に指示を出すと、若い子供たちもみんな素直に従ってよくお手伝いします。


「さすが、儒教の国だな〜」っと、いつも思っていました。

 

でも最近では、「これは、どうするの?」「何を用意したらいいの?」と聞かれることが多くなってきたのです。


4・5年前までは、1世の方がバリバリと葬儀を仕切っておられました。


でも最近では少しずつ高齢化が進み、世代交代もあって、みなさんやり方が分からないようなのです。


やらなくなってきたことは、「出棺のときにお粥を撒く」「火葬場でお酒を撒く」「祭壇前にお供えを並べる」「棺の上に故人の衣類を置く」などなど。


ひとつひとつ意味があってしていたのですが、どんどん簡略化されています。


それは日本も同じ。

 

もしかしたら、5年後には出棺の時に茶碗を割る風習は無くなっているのかもしれません。

 

 

川上葬祭で対応可能な宗教|天台宗、和宗、真言宗、真言宗智山派、真言宗豊山派、その他真言宗各派、浄土宗、西山浄土宗、その他浄土宗各派、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派、真宗高田派、真宗興正派、その他真宗各派、時宗、融通念仏宗、臨済宗、その他臨済宗各派、曹洞宗、黄檗宗、日蓮宗、法華宗各派、顯本法華宗、日蓮正宗、本門佛立宗、その他の日蓮宗各派、創価学会、立正佼成会、霊友会、妙道会、神社本庁、神道修成派、出雲大社教、扶桑教、その他の神道系、天理教、世界救世教、黒住教、円応教、金光教、PL教団、生長の家、幸福の科学、キリスト教カトリック、プロテスタント、その他のキリスト系、在日朝鮮、韓国式のご葬儀(儒教式)、曹渓宗