大阪の老舗葬儀社 創業130余年 大阪の葬儀や家族葬のことなら、川上葬祭まで。
大阪市の生野区・天王寺区・北区・都島区・東成区での葬儀や、大阪公営斎場である北斎場や瓜破斎場、やすらぎ天空館での葬儀や家族葬。

経済産業大臣認可 第1784号 全日本葬祭業協同組合連合会 大阪市規格葬儀取扱指定店

葬儀の現場から

第46話「喧嘩両成敗の大岡裁き」

沢山の人が集まると必ず「モメ事」が起きるのは世の常ではないでしょうか。

お葬式の現場においても同じことが言えます。

遺族・親族の間で生まれる「不平不満」お互いに顔を合している間は両者満面の笑顔です。しかし、ひとたび離れてしまうと「不平不満」の言い合いです。

しかし、大勢の親戚がいる前で「不平不満」を言う訳にはいきません。

 

だって大人ですもの。

 

唯一、おもいっきり「不平不満」を言える場所は式場から火葬場へ向かうタクシーの中だけではないでしょうか。

最近のお寺様は式場から火葬場までマイカーなどで行かれる方が多く、喪主様と一緒にタクシーへ乗って行かないこともしばしあります。
ということは、タクシーの中は気心の知れた身内のみ。
葬儀が終わり、気持ちも開放的になると皆さん饒舌になります。
そして電光石火のごとく喋り出すそうです。
焼香順位や遺産相続について、親族の態度や発言に対する不満など・・・
身内だけで話をするのであればよいのですが、
ときには、運転手さんに意見を求める場合も・・・
運転手さんいわく、これが一番困るそうです。
だって、家の事情は家の人にしか分からないですから。
しかし、そのへんは慣れた運転手さん。
長年の経験から喧嘩両成敗の大岡裁きをするそうです。
つい最近、遺族の方からお礼の手紙をいただいたそうです。
それは、大岡裁きのおかげで「モメ事」が丸く納まったということでした。
しかし運転手さんの思いは、せめて葬儀当日くらい親族全員で故人様を送ることだけに集中していただきたいということでした。
たしかに、遺族・親族で「モメ事」を起こしていたら故人様も気持ち良く浄土へ行けませんよね。


故人様のことを第一に考え皆さんの気持ちを一つにしてご供養する。
「モメ事」はそれからでもよいかもしれませんね。

川上葬祭で対応可能な宗教|天台宗、和宗、真言宗、真言宗智山派、真言宗豊山派、その他真言宗各派、浄土宗、西山浄土宗、その他浄土宗各派、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派、真宗高田派、真宗興正派、その他真宗各派、時宗、融通念仏宗、臨済宗、その他臨済宗各派、曹洞宗、黄檗宗、日蓮宗、法華宗各派、顯本法華宗、日蓮正宗、本門佛立宗、その他の日蓮宗各派、創価学会、立正佼成会、霊友会、妙道会、神社本庁、神道修成派、出雲大社教、扶桑教、その他の神道系、天理教、世界救世教、黒住教、円応教、金光教、PL教団、生長の家、幸福の科学、キリスト教カトリック、プロテスタント、その他のキリスト系、在日朝鮮、韓国式のご葬儀(儒教式)、曹渓宗