大阪の老舗葬儀社 創業130余年 大阪の葬儀や家族葬のことなら、川上葬祭まで。
大阪市の生野区・天王寺区・北区・都島区・東成区での葬儀や、大阪公営斎場である北斎場や瓜破斎場、やすらぎ天空館での葬儀や家族葬。

経済産業大臣認可 第1784号 全日本葬祭業協同組合連合会 大阪市規格葬儀取扱指定店

葬儀の現場から

第68話「不安」

 お客様の家に、満中陰ののち伺ったとき、葬儀前後の時と比較して、その印象が著しく変化していることに気が付いたことがあります。その表情はとても穏やかで、当然と言えばあまりに当然の話ですが、その変化の激しさにいささか驚きを感じたものです。
近親者の逝去ののちは、誰しもが否応なくひどい不安に包まれるものですが、この方の場合も恐らくそうで、四十九の日々を重ねる中で、それが解消され、安定・安心を取り戻していったのでしょう。その表情・振る舞いは、あたかも別人のようでありました。

 不安は“その原因や対象がわからない”ゆえに生ずる感情であるとよく言われます。「何が恐ろしいのかわからない」から不安である、というわけです。
近親者を亡くされた方々はやはり言い知れぬ不安に多く襲われます。その不安は上記のように対象のつかみにくい、ネガティヴな感情です。

 お客様の不安を、すぐに安定・安心へと変えることができるのであれば、それに越したことはありません。しかし本当の意味での安定・安心は、当事者の、その自らの手でしか獲得できない、そのようなものであると感じています。ときに、昨日今日はじめて出会った人間が、その強い不安を即座に安心へと変えられると思うのは、或いは驕った考えかもしれない、そのようにすら思います。

 私たちにできるのは、何によってそのネガティヴな感情が生じているのか、その対象やその姿、そこでなすべきことを、お伝えし傍らからお手伝いするだけです。
時にでしゃばり過ぎたり、また関与が足りなかったり。そんなことの連続で、反省しきりの日々ではあります。しかし、真の安心へと続く道を必死に歩む人々を適切にフォローしていきたい、そのように思います。

川上葬祭で対応可能な宗教|天台宗、和宗、真言宗、真言宗智山派、真言宗豊山派、その他真言宗各派、浄土宗、西山浄土宗、その他浄土宗各派、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派、真宗高田派、真宗興正派、その他真宗各派、時宗、融通念仏宗、臨済宗、その他臨済宗各派、曹洞宗、黄檗宗、日蓮宗、法華宗各派、顯本法華宗、日蓮正宗、本門佛立宗、その他の日蓮宗各派、創価学会、立正佼成会、霊友会、妙道会、神社本庁、神道修成派、出雲大社教、扶桑教、その他の神道系、天理教、世界救世教、黒住教、円応教、金光教、PL教団、生長の家、幸福の科学、キリスト教カトリック、プロテスタント、その他のキリスト系、在日朝鮮、韓国式のご葬儀(儒教式)、曹渓宗