大阪の老舗葬儀社 創業130余年 大阪の葬儀や家族葬のことなら、川上葬祭まで。
大阪市の生野区・天王寺区・北区・都島区・東成区での葬儀や、大阪公営斎場である北斎場や瓜破斎場、やすらぎ天空館での葬儀や家族葬。

経済産業大臣認可 第1784号 全日本葬祭業協同組合連合会 大阪市規格葬儀取扱指定店

葬儀の現場から

第87話「姉さん」

「姉さん、このプランで後はよろしく」

日ごとに暖かさが増し、春の気配を感じるある日の出来事。
弊社のキタ店に男性と女性2人の3人で来店されました。
前もってお約束のお電話をいただき、約束の時間にご来店され、
男性の方が
「私自身の葬儀をお願いしたいんです。病気を患い余命宣告を受けております。
いつになるかはわかりませんが、私には家族がなく独り身なので、お話をお聞きし、
姉達に託したいのです」とおっしゃられました。

皆さんにお座りいただき、式場や葬儀の希望を色々とお聞きしておりましたところ、
おもむろに封筒を差し出されたのです。
そこには写真が数枚入っておりました。
そして、
「遺影写真にと準備をしてきたんだけど、この中に適しているのはあるかな」
と話されました。
私は、お写真を一緒に拝見し、一番笑顔がすてきな写真をお預かりすることにしました。

病院でご逝去された後の安置場所から、通夜、葬儀に至るまでの流れを説明した後、葬儀の祭壇や必要経費についてもすべてご説明を終えた時、男性はアプローチブックのプランが載っているページを開き一つのプランを指さしながら、「安心した、ありがとう。姉さん、このプランで後はよろしく」と話され、ニコッと笑われました。
そして事前登録をされた後、お帰りになられました。

日差しがきつくなった7月中旬に男性は息を引取られ、打合せ通りにお姉さまより弊社に連絡をいただき、葬儀も終えられています。

葬儀の事前相談は、一昔前までは、『縁起でもない』『申し訳ない』などと罪悪感をもってしまい避ける方がほとんどで考えられないことでした。しかし今では、年々増加傾向にあり、実に多くの方が事前に相談されているという事実があります。現に弊社にも毎日のように事前の問い合わせがあり、ご依頼いただく方の70%もの方が事前にご相談されています。

そして上記の方もまた、ご自身の葬儀を弊社に託していただきました。
私は今でも、事前相談の時に見せた男性の最後の笑顔を忘れることが出来ません。

私どもに葬儀のすべてを託された男性の想いを考えますと、それだけ責任のある仕事をしていることを改めて感じさせられました。
そして事前の相談での対応が大切なのだと、気付かされたのです。
もっと襟をただしお客様と真剣に向き合うことで、少しでも安心をご提供できるように、日々精進してまいります。

川上葬祭で対応可能な宗教|天台宗、和宗、真言宗、真言宗智山派、真言宗豊山派、その他真言宗各派、浄土宗、西山浄土宗、その他浄土宗各派、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派、真宗高田派、真宗興正派、その他真宗各派、時宗、融通念仏宗、臨済宗、その他臨済宗各派、曹洞宗、黄檗宗、日蓮宗、法華宗各派、顯本法華宗、日蓮正宗、本門佛立宗、その他の日蓮宗各派、創価学会、立正佼成会、霊友会、妙道会、神社本庁、神道修成派、出雲大社教、扶桑教、その他の神道系、天理教、世界救世教、黒住教、円応教、金光教、PL教団、生長の家、幸福の科学、キリスト教カトリック、プロテスタント、その他のキリスト系、在日朝鮮、韓国式のご葬儀(儒教式)、曹渓宗