大阪の老舗葬儀社 創業130余年 大阪の葬儀や家族葬のことなら、川上葬祭まで。
大阪市の生野区・天王寺区・北区・都島区・東成区での葬儀や、大阪公営斎場である北斎場や瓜破斎場、やすらぎ天空館での葬儀や家族葬。

経済産業大臣認可 第1784号 全日本葬祭業協同組合連合会 大阪市規格葬儀取扱指定店

葬儀の現場から

第98話「若い方の葬儀を経験すると」

若い方の葬儀というものは、言葉では表現しにくいものがございます。

お年を召された方の場合、残されたご遺族は口々に「大往生だった」「楽になって良かったな」と
悲しみの中にも時折安堵の言葉が漏れたりするものです。

しかし、若い方の場合は、ただただ、悲しみの言葉しか聞こえてきません。

以前、病気に侵されお亡くなりになられた若い女性の葬儀を担当した時のこと、病院から
ご実家へお帰りいただき布団にお寝かせした後、ドライアイスなどの処置をおこなって
いると、女性の祖母と思われる方が来られ、冷たくなった手を泣きながら握り、 
「○○ちゃん。○○ちゃん。○○ちゃん。なんで、お祖母ちゃんより先に逝ってしまうの・・・」
と何度も名前を呼びながら声をかけられている姿を目の当たりにし、言葉に詰まる苦しい心情に
陥ってしまいました。

葬儀社のスタッフはいかなる時でも葬儀のプロですから、冷静に対応しなければなりません。
しかし同年代の方が亡くなっているという現実に、やはりやりきれない思いはいなめません。
できるだけ感情移入しないように日頃は心掛けているのですが、どうしても気持ちが揺れ動いてしまう
こともございます。

まだまだ私も半人前・・・

年齢に関係なく私達は常に「死」と隣り合わせですが、日頃意識をしながら生活をすることなどありません。でも、そう意識すると、考え方にも変化が生まれるような気がします。

ご遺族にとっては非日常的な出来事・・・
そのような状況の中で私達に出来ることは、ご遺族の負担を少しでも取り除き、一日でも早く普段の生活に戻れるようにお手伝いをすることですが、この方のように普段の生活に戻られるまでにかなりの日数を必要とされる方もおられます。

その姿をただ見守ることしか出来なかった自分に気づき、私自身の力の無さを改めて痛感させられた葬儀となりました。

川上葬祭で対応可能な宗教|天台宗、和宗、真言宗、真言宗智山派、真言宗豊山派、その他真言宗各派、浄土宗、西山浄土宗、その他浄土宗各派、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派、真宗高田派、真宗興正派、その他真宗各派、時宗、融通念仏宗、臨済宗、その他臨済宗各派、曹洞宗、黄檗宗、日蓮宗、法華宗各派、顯本法華宗、日蓮正宗、本門佛立宗、その他の日蓮宗各派、創価学会、立正佼成会、霊友会、妙道会、神社本庁、神道修成派、出雲大社教、扶桑教、その他の神道系、天理教、世界救世教、黒住教、円応教、金光教、PL教団、生長の家、幸福の科学、キリスト教カトリック、プロテスタント、その他のキリスト系、在日朝鮮、韓国式のご葬儀(儒教式)、曹渓宗