大阪の老舗葬儀社 創業130余年 大阪の葬儀や家族葬のことなら、川上葬祭まで。
大阪市の生野区・天王寺区・北区・都島区・東成区での葬儀や、大阪公営斎場である北斎場や瓜破斎場、やすらぎ天空館での葬儀や家族葬。

経済産業大臣認可 第1784号 全日本葬祭業協同組合連合会 大阪市規格葬儀取扱指定店

ご葬儀の様々な知識

互助会解約について

解約実例1「2回目なんです…」

50代前半の男性相談者様が事務所に来られました。
「友人に聞いたのだけど、これって解約できるの?」
差し出されたのは互助会の加入者証です。
 
「新しいですね。まだ満期にはなっていないものですか?」
「そうなんです。それでも解約可能なんでしょうか。」
「はい。もちろん。」
満期になっていなくても、納めた掛金の額に合わせ規約の定めた手数料は引かれますが、掛金は返金されます。ただし、何回目までは「払戻し無し」という規約のある互助会もあります。
 
「結婚式や衣裳のレンタルとか、ご葬儀以外にも色々サービスをお持ちの互助会もありますよ。それに返金は手数料分引かれ・・・」
「ええ。解っています。でも、どうしても解約したい理由があるんです。実は互助会に入会したのはこれが2回目なんです。」
よく、内情をおうかがいしますと・・・
 
一回目は相談者様のお父様が掛金満額30万円で葬儀ができると聞き互助会に入会されました。お父様のお気持ちとしては自分の葬儀代の心配は、残された妻や子にはさすまいと互助会に入会されたのでしょう。生前中に、喪主になるであろうご相談者さまに、葬儀は互助会に頼むよう伝えておられました。コツコツと6年ほどかけて、やっと満期になったところでお亡くなりになったそうです。
 
 しかし、いざ葬儀が終わってみると・・・。100人近く集まるイベントが30万円で済むはずもなく、本当にその費用がかかったにせよ、どうしても納得がいかなかったそうです。
 
入会の際、わざと騙したのではないにしろ葬儀の費用はこれで済むと故人は思い込んでいたのですから、遺族と互助会側との信頼関係が生まれるはずもなく、葬儀費用に納得がいかないのもしょうがない事でしょう。
最後に「親父が、騙されたまま死んだことが悔しい。」と、おっしゃられました。
 
「一回目はお父さんが名義人。それでこの新しい加入者証は?」
 
「葬儀後すぐに、その場でまた私が勧誘されて入ってしまったものなんです。」
 
「え!」
葬儀後すぐ、疲れてフラフラの状態で、何が何だかわからないままにまた入会させる。
あまりの強引ぶりに、加入者証が次回葬儀の契約書のようにも見えてきました。
 
「次にもし葬儀をする場合は、他の葬儀社にお願いしようと決めているし、互助会とはもう関わりたくないので、絶対に解約したいんです。」
「わかりました。お手伝いさせていただきます。」
 
そのあと、必要な書類とともに互助会へ解約を申請しました。
 
経済産業省では返金の時期について、割賦販売法施行規則(前払式特定取引業者の約款基準)で、解約日から「45日以内にできるだけはやく」と返金の時期について定めてあります。
それ以降になるとおかしいことになりますが、相談者様の口座に振込があったのはひと月半後のことでしたので、スムーズに手続きが完了したと言えるでしょう。
 
合計168,000円の掛金で、互助会より解約手数料を引かれて130,400円の返金がありました。
 
後日、「ありがとうございました。解約できること、友人にも伝えておきます。」
とのお言葉をいただくことができました。

ご相談・お問い合わせはフリーコール0120-420-441 お問い合わせフォーム

川上葬祭で対応可能な宗教|天台宗、和宗、真言宗、真言宗智山派、真言宗豊山派、その他真言宗各派、浄土宗、西山浄土宗、その他浄土宗各派、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派、真宗高田派、真宗興正派、その他真宗各派、時宗、融通念仏宗、臨済宗、その他臨済宗各派、曹洞宗、黄檗宗、日蓮宗、法華宗各派、顯本法華宗、日蓮正宗、本門佛立宗、その他の日蓮宗各派、創価学会、立正佼成会、霊友会、妙道会、神社本庁、神道修成派、出雲大社教、扶桑教、その他の神道系、天理教、世界救世教、黒住教、円応教、金光教、PL教団、生長の家、幸福の科学、キリスト教カトリック、プロテスタント、その他のキリスト系、在日朝鮮、韓国式のご葬儀(儒教式)、曹渓宗