大阪の老舗葬儀社 創業130余年 大阪の葬儀や家族葬のことなら、川上葬祭まで。
大阪市の生野区・天王寺区・北区・都島区・東成区での葬儀や、大阪公営斎場である北斎場や瓜破斎場、やすらぎ天空館での葬儀や家族葬。

経済産業大臣認可 第1784号 全日本葬祭業協同組合連合会 大阪市規格葬儀取扱指定店

ご葬儀の様々な知識

互助会解約について

解約実例2「出入り禁止」

「10年前に主人のお葬式したんだけど。そこの○○老人憩いの家で葬儀してしまったのよ。」
女性から、互助会解約のご相談を受けました。
 
相談者様のお住まいには近くて広い町営の会館があり、便利で費用も抑えられるので、町内のほとんどの方はそこを利用されます。
 
「そのとき、互助会さんでお願いしなかったのですか?」
「それがね。その会館は互助会さん使えなくなってしまってね。」
 
相談者様は入会した当初から、その地域会館で葬儀を行ってもらおうと考えていたのですが、数年後にその互助会がその会館でボヤを出してしまい、その互助会は出入り禁止になってしまったようなのです。
 
故人は生前からこの会館を希望されていたこともあり、他の葬儀社にお願いして葬儀は済ませたものの、掛金のことはなんとなく気になったまま放置しておられたようです。
 
「入った当初は、そんなことになるなんて思わなかったからね。」
「そうですよね。そんなことまで予想がつかないですよね。」
「全部で15万円にはなると思うのよ。」
 
「満期になってから20年以上経ってらっしゃいますね。」
「あの頃の15万を今の貨幣価値に直したら、いくらくらいになるのかしら。う〜ん。生命保険は入ってすぐに満額の保証がつくけど、互助会の掛金は払った金額だけのサービスしかないし、そう考えると全額帰ってきても損した気分よね。」
 
「特典がつくにせよ、使用するまでの何十年間のリスクの方が大きいですよね。」
「そうよね。でも、いくらか年利がつくんじゃなかったかしら。」
「はい、確かにあるみたいです。」
 
満期の翌年から、規約により年利何%かで割増金が毎年ある場合があります。
『6%を永続的』や『7%を5年間』とか、同じ互助会でも入った年により違います。
「やっぱり。じゃあ、返金もその分増えるかも。」
「いえいえ、それは『それ相応のサービスがつきます』ということが多いみたいですよ。」
 
「あら、じゃあ、使わないとその数字も本当かどうかよくわからないわね。解約手数料が引かれるのは知っているけど、これから使う事もなさそうだし解約するわ。」
 
解約希望のほとんどが掛金をしていたこともすっかり忘れていて、加入者証がタンスの肥やしになっているパターンです。
 
しかし解約可能な事実を知ると、互助会の倒産などのリスクを持ちながら、ずっと置いておくよりはと、解約される方がほとんどです。
 
今回は、故人名義の加入者証を奥様が申請人となり解約申請致しました。
 
合計150,000円の掛金で、解約手数料分が互助会より引かれ、返金が122,750円となりました。申請日からの返金までの期間は35日間となりました。
 
「すっきりしたわ。ありがとう。」と後日お言葉頂きました。

ご相談・お問い合わせはフリーコール0120-420-441 お問い合わせフォーム

川上葬祭で対応可能な宗教|天台宗、和宗、真言宗、真言宗智山派、真言宗豊山派、その他真言宗各派、浄土宗、西山浄土宗、その他浄土宗各派、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派、真宗高田派、真宗興正派、その他真宗各派、時宗、融通念仏宗、臨済宗、その他臨済宗各派、曹洞宗、黄檗宗、日蓮宗、法華宗各派、顯本法華宗、日蓮正宗、本門佛立宗、その他の日蓮宗各派、創価学会、立正佼成会、霊友会、妙道会、神社本庁、神道修成派、出雲大社教、扶桑教、その他の神道系、天理教、世界救世教、黒住教、円応教、金光教、PL教団、生長の家、幸福の科学、キリスト教カトリック、プロテスタント、その他のキリスト系、在日朝鮮、韓国式のご葬儀(儒教式)、曹渓宗