大阪の老舗葬儀社 創業130余年 大阪の葬儀や家族葬のことなら、川上葬祭まで。
大阪市の生野区・天王寺区・北区・都島区・東成区での葬儀や、大阪公営斎場である北斎場や瓜破斎場、やすらぎ天空館での葬儀や家族葬。

経済産業大臣認可 第1784号 全日本葬祭業協同組合連合会 大阪市規格葬儀取扱指定店

ご葬儀のさまざまな知識

お葬式のマナー

人のたくさん集まるお葬式、内輪だけでのひそやかなお葬式、しかしどれもがタイムスケジュールに沿って進行されてまいります。
会葬者はあなた様だけではありません。あまり長居をしたり、長々と話し込んだりすればご迷惑になる方も当然出てきます。また、もうすぐお経が始まろうとしている時に式場に来られて、「遺族の○○さんを呼んでください」これではあまりにも故人様やご遺族に対して失礼のように思えてなりません。あなた様の会いたい方はとても忙しくされているのかもしれません。すべては喪主様やご遺族のお気持ちを察しながら、慎み深い行動をとりたいものです。

弔問のマナー

近親者やご親戚が亡くなった場合は、何をおいても駆けつけるのがマナーです。友人や知人なら、お付き合いの程度や都合のつく時間帯によって、通夜と告別式の両方、あるいはいずれかに出席するようにします。

お通夜

近頃、お通夜に参列する人が増えているようです。遅くても読経の始まる前には到着し、受付ではまずあいさつ(黙礼で構いません)をし、香典を渡して記帳します。式場に入ったら先客に一礼し、喪主様やご遺族に手短にお悔やみを述べたうえで拝礼します。

葬儀・告別式

会場へは開式の少し前には到着するようにします。式場に着いたら受付で、一礼し香典を渡して記帳します。着席したら、式の進行は宗教・宗派によって異なるため、司会者や進行係の指示に従ってください。ご自分のお焼香が終了したあとも門前や道路脇などで待ち、出棺を見送るのがマナーです。

慶事と重なったとき

弔事を優先するのが、しきたりとされています。しかし現実にはお身内の結婚式と会社関係の弔事が重なった場合などは、お葬式の参列を見送っても問題はないでしょう。

ご遺族への言葉がけ

できるだけスマートにし、悲しみを増長させるような言葉がけは控えましょう。
また、病状などをくどくど聞くのもタブーです。
『お知り合い程度の間柄』
「この度はご愁傷様です」
『親しい間柄』
「この度はご愁傷様です。お辛いでしょうけど、どうぞご自愛下さって、お疲れの出ませんように…」
『とても親しい間柄』
「この度はご愁傷様です。お辛いでしょうけど、お気をしっかりお持ちになってお体にご注意下さい・・・・。お役に立てることがありましたら、いつでもなんでもおっしゃって下さい」

ご焼香の仕方

「何回ですか」というご質問が多いようですが、お葬式に関しては宗派を問わず、次の方が控えている場合は1回にとどめる配慮が必要です。神式では玉串(榊に垂(しで)をつけたもの)を、キリスト教では花(カーネーションなどの白い花)をご霊前に捧げます。

仏式の場合
  1. 焼香台の少し手前でご遺族と僧侶に一礼する。
  2. 焼香台の前に進み、祭壇に向かって一礼する。
  3. 右手(親指、人差し指、中指)で軽く香をつまんで、いったん額の高さまであげてから香炉に静かに落とす。(注:浄土真宗の場合は額の高さまで上げずにそのまま落とします)
  4. 遺影を仰いで合掌し、前向きのまま少し下がり、ご遺族と僧侶に一礼して戻る。
神式の場合
  1. 玉串は根元のほうを右手で、葉のほうを左手で持つ。
  2. 玉串を水平に保ちながら、右方向に回す。
  3. 根元を左手に持ちかえて、回転させる。
  4. 根元を祭壇に向けて置き、二礼二拍手一礼するが、拍手は偲び手といって音を立てずに手を打つ。
キリスト教式の場合
  1. 花が右手にくるように受け取る。
  2. 花を右方向に90度回転させる。
  3. 花を手前に、茎側を先にしてテーブル(献花台)に捧げ、一礼する。
弔問の服装

お通夜の場合は平服でも構いません。しかし、アクセサリーなどは控えめにします。
また告別式には男性は黒の略礼服を着用しますが、やむを得ない場合は地味な平服なら構いません。会葬者の中で、平服に喪章をつけておられる方を見かけますが、喪章は喪中を表す物で、ご遺族がつけるものです。
女性は黒のワンピースかスーツで、靴、バッグ、ストッキングも黒にします。アクセサリーは一連の真珠やオニキスのネックレスにし、指輪は結婚指輪だけにします。お化粧も身だしなみ程度にします。赤いマニキュアはタブーです。
また、お子様の場合、制服があれば制服を着用します。なければ、白いシャツに黒や紺の地味なボトムを着用して下さい。靴は黒いものがなければスニーカーでも構いません。
なお赤ちゃんの場合、赤い色は避けましょう。

 

ご相談・お問い合わせはフリーコール0120-420-441 お問い合わせフォーム

川上葬祭で対応可能な宗教|天台宗、和宗、真言宗、真言宗智山派、真言宗豊山派、その他真言宗各派、浄土宗、西山浄土宗、その他浄土宗各派、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派、真宗高田派、真宗興正派、その他真宗各派、時宗、融通念仏宗、臨済宗、その他臨済宗各派、曹洞宗、黄檗宗、日蓮宗、法華宗各派、顯本法華宗、日蓮正宗、本門佛立宗、その他の日蓮宗各派、創価学会、立正佼成会、霊友会、妙道会、神社本庁、神道修成派、出雲大社教、扶桑教、その他の神道系、天理教、世界救世教、黒住教、円応教、金光教、PL教団、生長の家、幸福の科学、キリスト教カトリック、プロテスタント、その他のキリスト系、在日朝鮮、韓国式のご葬儀(儒教式)、曹渓宗