大阪の老舗葬儀社 創業130余年 大阪の葬儀や家族葬のことなら、川上葬祭まで。
大阪市の生野区・天王寺区・北区・都島区・東成区での葬儀や、大阪公営斎場である北斎場や瓜破斎場、やすらぎ天空館での葬儀や家族葬。

経済産業大臣認可 第1784号 全日本葬祭業協同組合連合会 大阪市規格葬儀取扱指定店

ご葬儀について

見積書の見方・比べ方

見積書を比べる前に知っておきたいこと

お葬式には“お金”がかかります

ここ近年、高齢化社会を向かえ、多くの方がお葬式に関心を持たれるようになってまいりました。そのあおりを受け、様々な葬祭業者がホームページを出すようになってきております。
価格破壊ともいえるような、安売りをメインにした葬儀社から価格の明瞭化を前面に謳っている葬儀社まで、実にありとあらゆるスタイルの葬儀社が世の中に存在します。
挙句の果てに、第三者の立場で葬儀社を紹介する会社まで出てきました。
この傾向が良い悪いは別として、余計に葬儀社の選定が複雑になってきているのもまぎれもない事実なのです。
これらの中で、お客様にうそ偽りなくお話ししている葬儀社は、何社ほどあるのでしょうか。
残念ながらプロの私でも分かりません。
しかし、少なくともこれだけはお伝えすることができます。
「お葬式にはお金がかかります」また「お葬式は妥協の連続」ということです。
もし気分を害された方がいらっしゃいましたらお許し下さい。
でも、これはまぎれもない事実なのです。

納得のいくお葬式に近づけるには

お越しいただける会葬者やご親戚に粗相のないようにすればするほど、それがお金となって跳ね上がり、この式場と決めていたのに、もしもの時に、連絡をしたら先に予約をされていては使うに使えません。

つまり、ご自分の価値観にあっていて、なお且つどこを優先してどこを柔軟に考えることが出来るかによって、納得のいくお葬式に近づくことが出来るのです。

そのため、私どもは事前にご相談される方が、いきなり「いくら位かかりますか?」とおっしゃったとしても、すぐにはお答えできないのです。
その方の価値観を情報として聞かせていただいた上で、想定される人数などを考慮し、見積りを作成してゆくのです。そうすることによって、追加を希望されるとどの部分が変動し、どの部分は確定金額なのかも分かってまいります。
 
また、式場に関してもそうです。想定していた式場がいざというときに使えなかった時どうでしょう。
覚悟していたとはいえ、実際にご不幸に直面したご遺族は、それだけでパニックになるのではないでしょうか。
だからこそ、利用できない場合のこともあらかじめ考えてお話ししておく必要があるわけです。
もしその式場が、あなた様の価値観において必要なら、おそらくご自宅で1日2日待ってでもその式場を利用することをお考えになると思います。
反対に、その日にお通夜をして、翌日お葬式をすることを大前提にされるなら、その式場は断念して、他の式場を探すということになります。
これで、お分かりいただけたと思います。

つまり、どれだけ葬儀社がお客様のお気持ちを汲んで、なお且つお葬式自体がお客様にとって突然のハプニングであるということを前提に、正確な情報をお客様にお話しし、お客様それぞれに適したアドバイスができるかということが大切であり、そこにうそがあってはいけません。

時にはお客様に対して、説教じみたお話をすることもあります。
なぜなら、ご不安になっておられるお客様に対して、それだけ真正面から本音で話し、真剣に接しようとするからです。
そうすることによって、本当にお客様それぞれの価値観にあった、お見積りができるのです。

ご相談・お問い合わせはフリーコール0120-420-441 お問い合わせフォーム

川上葬祭で対応可能な宗教|天台宗、和宗、真言宗、真言宗智山派、真言宗豊山派、その他真言宗各派、浄土宗、西山浄土宗、その他浄土宗各派、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派、真宗高田派、真宗興正派、その他真宗各派、時宗、融通念仏宗、臨済宗、その他臨済宗各派、曹洞宗、黄檗宗、日蓮宗、法華宗各派、顯本法華宗、日蓮正宗、本門佛立宗、その他の日蓮宗各派、創価学会、立正佼成会、霊友会、妙道会、神社本庁、神道修成派、出雲大社教、扶桑教、その他の神道系、天理教、世界救世教、黒住教、円応教、金光教、PL教団、生長の家、幸福の科学、キリスト教カトリック、プロテスタント、その他のキリスト系、在日朝鮮、韓国式のご葬儀(儒教式)、曹渓宗