注目キーワード
  1. 家族葬
  2. 葬儀費用

真言宗の葬儀

真言宗の開祖は、ご存知、弘法大師空海です。空海は平安時代に中国へ渡って密教を学び、日本へ戻ってその教えを広めました。
「真言」という言葉には、仏様の真実の言葉という意味が含まれています。

真言宗の葬儀の特徴

本来、真言宗(密教)の葬儀で重要なのは「灌頂」の儀式にあるといわれ、頭に水をそそぐことで、仏の位を継承する儀式にあります。実際の葬儀では、これに代わって五鈷杵で頭に触れたりすることもあるようです。

真言宗の葬儀の流れ:最極秘印を結ぶ(弾指三度で、都卒浄土へ)

真言宗の葬儀は、大日如来の阿字へ還ることを意味し、故人を密厳浄土(大日如来の浄土)または兜率天(都卒浄土、弥勒菩薩の浄土)へ還帰させることを目的としています。
そのため葬儀は「即身成仏」への引導作法が示されています。

一刻も早く故人に真言の教義を教え、仏弟子にする(速疾成仏)ために、お経は、微音で速めに読まれます。
洒水(しゃすい)、剃髪、授戒、授戒名の前半と、後半の印明、授血脈などの引導作法、諷誦文、弾指三度を行い故人を都卒浄土へ送るという流れです。

法具も独特で、散杖や洒水器、金剛鈴、五鈷杵など密教らしい?器具が準備されます。
皆様もよく耳にされるかもしれませんが、阿毘羅吽欠蘇婆訶(アビラウンケンソワカ)と唱え、大日如来に祈ります。

真言宗の焼香作法

真言宗の焼香の作法は、一般的に3回とされております。
3回という回数である理由は諸説あり、3業(身、口、意)を極める、三宝(仏、法、僧)に帰依する、三毒(貪・瞋・癡)をなくすなどがあります。