注目キーワード
  1. 家族葬
  2. 葬儀費用
CATEGORY

お葬式について

  • 5月 24, 2020

大阪のお葬式マナー 「弔電編」② 創業明治10年 大阪生野の老舗葬儀社が送るご葬儀豆知識

弔電での「敬称」教えます 弔電の場合、特有の敬称が使われます。 例えば… 【故人が喪主の父の場合】 ご尊父さま(ごそんぷさま) または お父さま(おとうさま) 【故人が喪主の母の場合】 ご母堂さま(ごぼどうさま)または お母さま(おかあさま) 【故人 […]

  • 4月 24, 2020
  • 5月 24, 2020

大阪のお葬式マナー 「弔電編」① 創業明治10年 大阪生野の老舗葬儀社が送るご葬儀豆知識

弔電って何なんだ 弔電とは、通夜や葬儀に参列できない時に、ご遺族にお悔やみの気持ちを伝える「電報」のことです。 最近では家族葬が増えていますので、故人との別れを惜しみたくても参列を遠慮するケースが増います。 弔電は、葬儀や告別式で読み上げられるのが一 […]

  • 12月 28, 2018
  • 12月 27, 2019

昔密葬、今は家族葬

全国的にそうであるように、大阪でも小規模の葬儀が主流となっています。 小規模の葬儀には、『直葬』、『一日葬』などありますが、一番の人気は『家族葬』です。

  • 12月 27, 2018
  • 12月 27, 2019

最近の葬儀の傾向は?

もともとは、地域の方や仕事でお世話になった方など多くの参列者の中で執り行う『一般葬』が主流でしたが、大阪では近年減少傾向にあり、代わりに家族や親族のみで送る『家族葬』が主流になりました。

  • 12月 12, 2018
  • 12月 27, 2019

家族葬に向かない人

仕事を含め、組織で重要な役職だった人、地域の自治会などコミュニティに参加していた人、交友関係の広い人などは、家族葬のデメリットでお伝えしたように、情報管理や葬儀後のフォローが大変なため、家族葬は現実的に難しいといえるでしょう。

  • 11月 23, 2018
  • 12月 27, 2019

家族葬のデメリット

「親しい人だけの落ち着いた葬儀」「費用が決まっている葬儀」が家族葬の良さですが、「人を限定する」というところに、家族葬の落とし穴があります。