葬儀

大阪の葬儀 お骨のはなし

お骨上げでもこれだけ違う大阪ならではの風習

火葬場での出来事です。

他府県の方がお骨上げに同行なさいますと、いつも不思議そうな顔をなさいます。

何かと申しますと、大阪ではお骨上げの際、容器が二つあるのです。

のど仏のお骨を収める小さな骨箱(本骨もしくは心骨とよんだりします)と

それ以外のお骨を収めるのに5寸程度の骨箱をご用意いたします。

えっ、その大きさではすべてのお骨が入らないのでは?

そうなのです。

大阪の方はすべてのお骨を収めず、容器に入らない分は

なぜか火葬場に残してお帰りになります。

なぜかはわかりませんが、昔からそうなのです。

時折、他府県のご親戚がご遺族に

「こんな小さな骨箱に入るわけないじゃない。もっと大きな容器を

葬儀屋さんに頼みなさい。それに、この小さな容器は何?体を分ける

なんて・・・。縁起でもない」と、詰め寄られることもあります。

また、ご遺族の中には「本骨だけでいい」とおっしゃる方も増えています。

もちろん、小さな容器ですからほとんどのお骨は残ることになります。

トコロ変われば…と申しますが、これも大阪ならではのことではないでしょうか。

私どもなりの見解を申しますと、関西には各宗派の本山が集中しているからではないかと思います。

特に大阪はその中心に位置します。

浄土真宗なら京都。浄土宗も京都。真言宗は和歌山など。

昔はお骨の一部をご自分の宗派の本山へ納めに行かれたそうです。

それはお骨になっても「宗祖のおそばにいたい」という信仰心のあらわれなのです。

一部を本山へ、残りをお墓へ

その名残りが、本骨と胴骨といった収骨スタイルになっていったのではないでしょうか。

ちなみに、分骨はよくないという方が多くいらっしゃいますが、体を分けるといった見た目からおっしゃっているのだと思います。しかし、お釈迦さまのお骨は世界中に安置されています。

お釈迦さまの「骨」を仏舎利といいますが、一度はお耳にされたことがあるのではないでしょうか。

つまり、お骨を分けるのは良くないという話は何の根拠もないということになります。

いかがでしたでしょうか。

すこしは大阪のしきたりといいますか風習をお伝えすることができたのでは・・・。