葬儀

たばこを片手に仏様を運ぶ葬儀社

ある葬儀社の寝台車が式場に到着しました。

降りてきたスタッフは、くわえタバコです。

式場にいたスタッフも交えてひとしきり談笑し、その煙草を地面に投げ捨てたかと思うと、ガチャッと車のハッチを開けてお棺を下ろし、ポイ捨てした煙草の上を歩きながら、重そうに「よいしょ。よいしょ」と式場へ運び始めました。

式場は地域の会館です。近所の人もみんな見ています。

「この葬儀社には頼みたくない」と、みんな思うのではないでしょうか。

きちんとしている葬儀社は、お棺が到着する前に式場周辺を掃除し、一礼を持って仏様をお迎えします。

たばこを吸いながら運転しないし、ましてやポイ捨てなんてしません。

「どんな感覚で仕事をしているのかな」と疑問に思います。葬儀社でなくても、(人を扱う仕事なら特に)当たり前のことです。

まだまだ、そんなおかしな葬儀社も多いのが現状です。

将来、子供たちが憧れるような職業となれるよう、葬儀業界全体の意識を変えていかなければいけません。